沖縄森永乳業株式会社

沖縄森永乳業株式会社

会社情報Company

ご挨拶

私ども沖縄森永乳業は、1970年に那覇市繁多川の地に操業を開始して以来、西原町東崎に移転した今日まで地域の皆様に支えられ成長してまいりました。これまで皆様からお寄せいただきました厚いご支援、ご愛顧に心より感謝申し上げます。
 これからも『乳の優れた力を基に新しい食文化を創出し、人々の健康と豊かな社会作りに貢献する』を経営理念に沖縄県民の皆様にお役に立てる企業として地域とともに歩んでまいります。
 近年、私たちをとりまく環境の変化はめまぐるしく、お客様の安全に対する意識の高まりや求める価値は日々変化しています。沖縄森永乳業では森永乳業グループの一員として『安心・安全』にこだわり、高品質な製品をご提供し続けるために品質管理を徹底してまいります。また、お客様の健康とより豊かな生活を願い、ご満足と共感をいただける価値ある製品をお届けしてまいります。
 "おいしい"をお届けする企業として末永くご支持いただけますように社員一丸となって日々努力してまいりますので、今後とも変らぬご支援とご愛顧を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

沖縄森永乳業株式会社 代表取締役社長  知念 良明

会社概要

会社名 沖縄森永乳業株式会社
本社所在地 〒903-0105 沖縄県中頭郡西原町字東崎4番地15
代表者 代表取締役社長 知念 良明 (ちねん よしあき)
設立年月日 昭和45(1970)年 12月15日
資本金 305百万円(H27.6.30現在)
主要株主 森永乳業株式会社、県内株主
従業員数 87名(H28.7.31現在)
技術提携先 森永乳業株式会社
取引金融機関 琉球銀行、みずほ銀行、農林中央金庫
主な仕入先 沖縄県酪農農業協同組合、森永乳業株式会社、森永製菓株式会社
主な販売先 市乳特約店、県内主要量販店、コンビニエンスストア、デパート、沖縄県学校給食会、県内小中学校、保育園、病院、養護施設、ホテル、その他
工場概要 沖縄森永乳業西原工場は、那覇市繁多川の旧本社、工場および浦添市西洲の配送センターを当工場に統合、一元化することで輸送コストの削減及び生産能力の向上を実現しました。また、配送センターは2008年10月より、工場は2009年4月より全面稼動しました。当工場の敷地面積は約1万5000平方メートルで、製造棟は4階建ての延床面積約8400平方メートル。当工場はこれまでの1日平均80トンの生産能力を110トンに上げ、将来的には200トンまで生産が可能になる予定です。

会社沿革

1955年(昭和30) 9月
「沖縄アミノ酸ヤクトール本舗」を設立。
1962年(昭和37) 2月
「ゲンキ乳業」ヘ商号変更。牛乳、ヨーグルトを新発売。
1969年(昭和44) 5月
学校給食会より委託を受け、学校給食用ミルク製造開始。
1970年(昭和45) 12月
森永乳業との資本提携により「沖縄森永乳業株式会社」設立。
1998年(平成10) 6月
牛乳のHACCP認証取得。
2009年(平成21) 4月
西原工場竣工
工場見学